生誕150年 横山大観展

MENU

見どころ

オール大観。代表作を網羅した10年ぶりの生誕記念大回顧展です。
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、展覧会を開催します。
東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋からさまざまなものや情報が押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試み、また主題についても従来の定型をかるがると脱してみせました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。
本展では、40メートル超で日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)や《夜桜》《紅葉》をはじめとする代表作に、数々の新出作品や習作などの資料をあわせて展示し、制作の過程から彼の芸術の本質を改めて探ります。
総出品数約90点を展観する大回顧展です。
水墨画の集大成 日本一長い画巻、重要文化財《生々流転》を一挙公開します。
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》
  • 《生々流転》

生々流転せいせいるてん 1923(大正12)年 絹本墨画 東京国立近代美術館蔵 重要文化財 京都展は作品保護のため巻き替えがあります。

全長40メートル超。日本一長い画巻に水の一生の物語を描く。スタートは山間に湧く雲。雲が一粒の滴となり、地に落ちて流れはじめる。川は周囲の山々や動物、人々の生活を潤しながら次第に川幅を増し、やがて海へと流れ込む。荒れ狂う海には龍が躍り、水はついに雲となって天へと昇る。そして物語は振り出しに戻るのだ。大観の水墨技法のすべてがここに注ぎ込まれている。

夢の共演 絢爛豪華《夜桜》《紅葉》同時展示が実現します。
《夜桜》《夜桜》

夜桜よざくら 1929(昭和4)年 紙本彩色 大倉集古館蔵 東京展5/8‐5/27展示、京都展6/8‐7/1展示(予定)

燃え盛る篝火かがりびに夜桜が浮かびあがり、夢幻の世界へといざなう。ローマ日本美術展(1930年)に出品された大観渾身の作。

紅葉こうよう 1931(昭和6)年 紙本彩色 足立美術館蔵 東京展5/8‐5/27展示、京都展6/8‐7/1展示(予定)

鮮明な色にプラチナが輝く絢爛豪華な作品。力強い造形によって日本画材の美しさを最大限に引き出している。

100年ぶりの“発見”《白衣観音》《彗星》など新出作品を公開します。

《彗星》 1912(明治45)年頃 絹本墨画 個人蔵 半期展示

1910(明治43)年に地球に近づいたハレー彗星を水墨画で描いた作品。彗星の接近で、国内では一気に天文熱が高まった。本作の他にもう1点、同主題の作品が知られている。「彗星を水墨画で描く!」大観の自由な主題選択や、みずみずしい感性がうかがえる。

白衣観音びゃくえかんのん 1908(明治41)年 絹本彩色 個人蔵 

今から105年前に刊行された『大観画集』(芸艸堂、1912年刊)にモノクロで掲載されて以降、行方が分からなかった。文展で受賞した《流燈》(1909年、茨城県近代美術館蔵)と同時期の作で、幅は倍以上ある大作。観音のいささか短い手足や、描写は緻密なのに立体感や奥行きにつながらない点にもどかしさがあるが、それらを差し引いても余りある表現への熱意が魅力だ。

《ガンヂスの水》 1906(明治39)年 絹本彩色 シーピー化成株式会社蔵

初期日本美術院が編集に関わった『日本美術』に掲載されている作品。ヨーロッパ遊学中に契約したロンドンの画商へ、帰国後に送った作品のうちの1点とみられる。